本文へジャンプ

矯正歯科 睡眠時無呼吸症 入江クリニック 顎関節症

睡眠時無呼吸マウスピース 保険適用(紹介状をお持ちください)

矯正装置について Orthodontic appliances

インビザライン

インビザライン装着画像

透明なアライナーと呼ばれるマウスピースを2週間毎に新しいものと交換して、治療をすすめていく方法です。
この、マウスピースタイプの矯正装置にはいくつか種類がありますが、石膏模型を全く使用しないデータでプラニング、製作を行うシステムを採用しています。これは、米国にオーダーしたものを使用しています。

3次元シュミレーションソフトを通じ、治療計画を策定し、治療完了に至るまでのアライナーの形状を一度に作製している事が特徴です。

  • 透明なので、仕事をしている方にもおすすめです。
  • 2週間ごとに新しい装置と交換するため衛生的です。
  • 通院は1ヵ月に1回程度となります。
  • 全てコンピュータデータで作成するインビザラインを導入しています。

インコグニト(舌側矯正・マルチリンガルブラケット)

インコグニト装着画像

舌側(歯の裏側)にすべての矯正装置を装着する方法です。通常矯正装置が全く見えないことはもちろん、成長期の方の場合、歯の表面にブラッシング不足で起きることのある白濁が理論上起きなくなるという利点もあります。

すべての、ブラケットをそれぞれの歯の形に合わせたオーダーメイドとなります。対応できる施設(ラボ)が限られているため、印象(歯型)をドイツのラボへ送って製作します。歯型の採取には、シリコンを使用します。

ページの先頭へ戻る